世界の終わりに居合わせる大魔法使い ――サン・フェアリー・アン。 落ちこぼれの科学少年 ――ムギ。 二人は出会い、何かが生まれる……!

<世界の終わりの魔法使い>とは?

漫画家・西島大介が単行本の描き下ろしシリーズとして発表した、ファンタジー漫画です(通称〈せかまほ〉)。
第1部『世界の終わりの魔法使い』は、1冊読み切りの作品として刊行されましたが、次第に世界観が広がり、第2部『恋におちた悪魔』、第3部『影の子どもたち』と続篇が描かれました。
第3部でムギの物語は完結しましたが、サン・フェアリー・アンはまだまだあばれたがっているようです。事実、〈せかまほ〉特別篇『世界の終わりの魔法使い~小さな王子さま~』(講談社「モーニング・ツー」連載)でもあいかわらずの活躍を見せています。
今後も〈せかまほ〉ワールドはどんどん広がっていくかもしれません。

最新刊 !

『世界の終わりの魔法使い』

世界の終わりの魔法使い
魔法なんか信じない。
でも、君は信じる。

科学が滅んだ時代の魔法の村。なぜか魔法が使えない少年は、ひとりの不思議な少女と出会い……読めばゼッタイもらえる勇気! 〈せかまほ〉第1弾。

『世界の終わりの魔法使いⅡ 恋におちた悪魔』

世界の終わりの魔法使いⅡ 恋におちた悪魔
やっとわかった!
ぼ…僕!!
君にだけは本気ッ!

時は1000年前、人類対魔法使いの最終戦争――魔法大戦のさ中、落ちこぼれ少年と魔法使いの少女、2人の思いが歴史を変えた。第2弾、始まりの物語。

『世界の終わりの魔法使いⅢ 影の子どもたち』

世界の終わりの魔法使いⅢ 影の子どもたち
君は僕に見せてくれた。
信じられないものを……
いっぱい!

1000年ぶりに帰還したアンの故郷・惑星ノロは、魔物たちが支配する星となっていた……アンとムギの最後の冒険が始まる。3部作完結篇。

著者プロフィール

西島 大介

ニシジマ ダイスケ

1974年生まれ。漫画家。2004年、描き下ろし単行本『凹村戦争』(早川書房)でデビュー。
著書に『ディエンビエンフー』(小学館)、『土曜日の実験室―詩と批評とあと何か』(INFASパブリケーションズ)、『アトモスフィア』(早川書房)、『アトムちゃん』(角川書店)、『魔法なんて信じない。でも君は信じる。』(太田出版)等。
著者公式サイトは「島島

2017.07.12

ディエンビエンフー・トゥルーエンド計画の発動

IKKIの休刊、でもって『デェエンビエンフー』12巻を刊行し未完(バッドエンド)、しかし画集をグラフィック社から刊行、その後双葉社移籍、でもって「月刊アクション」にて完結編の新連載『ディエンビエンフー TRUE END』スタート&1〜6巻までの新装版の連続刊行開始・・・。

という非常に紆余曲折、読者でも状況が把握しづらいだろう状態が続いてきた話ですが、とりあえず無事に6ヶ月連続刊行の復刊が終了し、残すは1月からコツコツ連載してきた『ディンビエンフー TRUE END』の刊行を残すのみです。

わかりやすいまとめリンク

ふぅ。

長かった。

なんだかんだこの作品、実際のベトナム戦争より長くかかってますからね。戦争一個終わってる時間だっつーの。年明けからスケジュールを守れてよかったです。

はぁはぁ。

それにしても椎間板ヘルニアになった時は、正直危なかったです(今も治療中)。

ふぅ・・・。

あと、ニコニコ漫画や双葉社のアプリでも、かなりの話数が読めるようになっていますので、調べて読んでみてください。ニコニコのコメント正直面白いです。「知れ」「早く知れ」「いい加減知れ」w

さあ本当の完結へ。もう『ディエンビエンフー TRUE END』は好き勝手描きまくって、光の速さで完結させますので、このまままっすぐ完結までついてきてください。まずは第1巻よろしく!


ディエンビエンフー TRUE END 第1巻

固定リンク | トラックバック (0)

2017.06.02

せかまほIV電子書籍化!

ご無沙汰しています。2017年は年明けから移籍した「ディエンビエンフー」の復刊(新装版)リリース、及び完結編たる「ディエンビエンフーTRUE END」の連載で多忙です。ディエンビエンフーは「世界の終わりの魔法使い」同様ライフワークなので、せっかくの完結の機会、不撓不屈の信念で頑張りたいと思っています。と、そんな状況下で椎間板ヘルニアを発症(関連記事)したり、年明けから〆切的にも健康的にも危ない橋が何度も・・・。幾つかの仕事をお断り&セーブして、マンガに集中しています。

そんな中、長い間調整がつかなかった講談社版権がまとめて本日電子書籍化されました。『小さな王子さま 世界の終わりの魔法使いIV』『I Care Because You DO』『すべてがちょっとずつ優しい世界』。いずれも入手困難な状況が長く続いた作品、電子ではありますが「とりあえずは読める」という状況は整いました。この機会にぜひ。

地元広島ではこの春LECTという巨大ショッピングモールがオープンし、蔦屋書店さんでフェア&展示
「Night」を開催中。また6月4日にはサイン会も開催されます。

昨年から短編を描く機会が多く、ついでながらここに紹介しておきます。
Wired vol.25「しんぴょうせいのたかいごうい」(2016)
ガール!!!!(同人誌)「怪獣古内東子」(2016)
婦人画報1月号 AI特集「やさしいAI」(2017)
ユリイカ 特集:最果タヒ「最果タヒチ」(2017)
漫画アクション「コトリンゴについての2P(仮)」(2017)

固定リンク | トラックバック (0)

2016.08.04

The ART of Dine Bien Phu

さて夏です、もう8月です。今年二冊目の刊行となる画集&設定資料集『The ART of Dien Bien Phu』がグラフィック社より8月上旬刊行されます!

前のエントリーで伝えたIKKI版『ディエンビエンフー』最終刊12集。未だ継続誌も決まらないこのタイミングで画集がリリースされることはまさに「奇跡」であり、担当編集さん版元さんに感謝します。この画集をもって、何とか次につなげたいですねー。いやまじで。本と世の中からすれば「打ち切りなら同人誌でやってろよ」って話だとも思うのですが・・・でも、通った企画に罪無し! 13集以降の物語について描きまくったり、年表全部載せちゃったり、キャラクター&それに付随する設定を完全書き下ろししたり、ありがたく、やりたい放題やらせていただきました。また、ツイッターアカウント@dbp65では、週刊ペースで地下新聞「アオザイ通信PAPER」を発行しています。見つけて、全国のセブンイレブンでプリントアウトしてみてください。

グラフィック社
AMAZOM
@dbp65

8月20日(土)に横浜リブロジョイフル店さんでサイン会があります。このサイン会、特典とグッズ物販もあります。ぜひ!

LIBRO横浜ジョイフル店サイン会

翌日21日(日)にはコミティアのグラフィック社ブースにてサイン会も。こちらは別ブースでDJMRこと「DJまほうつかいレコード」も出店しています。午前中はDJMR、午後はグラフィック社ブースへぜひ。

DJまほうつかいレコード(最近レーベル始めたのです・・・詳しくは辿ってください)
コミティア117

そして、上記の本を編集しながら7月後半は静岡県長泉町クレマチスの丘に長期滞在していました。ヴァンジ彫刻庭園美術館「生きとし生けるもの」のための新作絵画の制作でした。制作は無事終わり、展覧会は11月まで長期開催中。カタログにも16ページの漫画を描き下ろしています。

ヴァンジ彫刻庭園美術館「生きとし生けるもの」

お子さま連れも楽しめるはず。滞在制作でさまざまな参加作家さんと時間を共有しましたが、どれも良い!(僕が言うのもなんですが)テーマはシリアスながら、親子連れも大歓迎な素敵な展示だと思います。この夏~秋、ぜひぜひ。

10月のクロージングイベントにも出演します。


あと、ここからが本題だ!!!!!!!
プーーーーーーーーー!!!!!!!
『世界の終わりの魔法使い』河出より刊行された全3集、電子書籍化されました。よろいしくお願いします。

固定リンク | トラックバック (0)

2016.03.31

ディエンビエンフー12巻4月末日発売 and more...

せかまほシリーズも長編(現在4巻)ですが、それ以上の大長編『ディエンビエンフー』12巻の刊行が4月末日に決定しました。

amazon.co.jp

それに歩調を合わせた・・・わけではありませんが米沢嘉博記念図書館で開催中の「マンガと戦争展 6つの視点と3人の原画から+α 」にもディエンビエンフーが展示されます。第四期として第4期:2016年5月13日(金)-6月5日(日)まで。5月21日(土)には宮本大人さんとのトークも開催されます。ディエンビエンフー関連イベントはおそらくこれだけになるので、この機会にぜひ。原画、作品のための資料などを展示する予定です。

meiji.ac.jp
meiji.ac.jp

また、アートバーゼルというアートコレクターのためのイベントに合わせて美術出版社が編集し刊行している「美術手帖海外版」に、ディエンビエンフーの描き下ろし短編8ページが掲載されています。香港バーゼルの開催に合わせた刊行であるため、英語と中国語の二種が刊行。国内では入手不可。海外コレクターのみなさま、この機会にディエンビエンフーぜひ知っていただきたいですね(香港マーケットに向けて「フランスと100年、中国と千年」というセリフが書けて感慨ひとしおです)

natalie.mu/comic/

告知し忘れていましたが、早川書房刊『Comic S 早川書房創立70周年記念コミックアンソロジー〔SF篇〕』に短編「ミスターどーなつ」が収録されています。こちらは、北野勇作さんの小説「どーなつ」(西島にとって最初期の装丁仕事であり、その後同レーベルから『凹村戦争』を刊行)を原作とした短編。自分でも描いたことを失念していたほどに古い原稿です。絵が古すぎて恥ずかしいです。

www.amazon.co.jp

さらに、最近めっきり「雑誌掲載」から遠のいている僕ですが、久々雑誌的な場所に載りました。石原さとみさんのCMでおなじみ「ふんわり鏡月」の関連WEBにて、スマホで読むマンガを書き下ろしました。石原さとみさんの「夢」を描いた内容。久々に他の作家の皆さんと並んで掲載されるという雑誌的な緊張を味わいました。スクロールに遊びがあり、DJまほうつかいの曲が流れるという、面白い仕掛けになっています。とても挑戦的な広告仕事でした。

cinra.net

最果タヒさんの新刊『渦森今日子は宇宙に期待しない。』(新潮文庫NEX)のカバー絵を担当しています。yomyom連載時から、毎回の物語を楽しみに読んでいた作品です。素敵な装幀で素敵な一冊に仕上がりました。

shinchobunko-nex.jp/

固定リンク | トラックバック (0)

2016.02.06

展示ばかりで良いのか悪いのか・・・いや良い!(言い切り)

さて、二月です。ベトナムで言うならテト明けですね。東京と海外で展示があります。

【1】マンガ・北斎・漫画―現代日本マンガから見た『北斎漫画』
2月5日よりローマで始まった展覧会「マンガ・北斎・漫画―現代日本マンガから見た『北斎漫画』」展に参加しています。「海 I」というタイトルで音楽を含む作品を寄せています。展示のアートディレクションは祖父江慎さん。この展示はローマを皮切りに5年ほどをかけて海外を回り続けるそう。国内巡回の予定はないので、旅先で見かけた方、ぜひ!(どこかで音楽だけでも聴けるようにしたいですねー)

英語版ウェブはこちら

【2】第19回文化庁メディア芸術祭受賞作品展
国立新美術館にて開催中のメディア芸術祭受賞作品展。2月13日(土)音楽劇『正しい数の数え方』15:00の回の上演後岸野雄一さんとトークします。アニメーションの設定で参加している作品で、スライドを使用しながら昔話などもすると思います。劇は会期中毎日やっています。
「わたしが知ってる岸野雄一」

【3】「マンガと戦争展 6つの視点と3人の原画から+α」
2月11日(火)から米沢嘉博記念図書館で開催される「マンガと戦争展 6つの視点と3人の原画から+α」にて、+α、第四期展として『ディエンビエンフー』が展示されます。日程は定まっていませんが、5月にはトークも開催。西島の展示は5月11日からとなります。ところで肝心の『ディエンビエンフー』12巻は本編全話のペン入れを終え、アオザイ通信などの細かい部分を進める状態です。展示がスタートすることには出ているでしょうか・・・・。

コミックナタリー記事

【おまけ】『いいにおいのする映画』
2月12日(金)シネマカリテ新宿では映画『いいにおいのする映画』20:20の回上映後のトークに出演します。詳細は映画公式FBにて確認ください。実は映画のパンフレットにサントラ盤の解説を執筆しています。現場売りのみのレア物販も持って行く予定です。ぜひ!

固定リンク | トラックバック (0)