世界の終わりに居合わせる大魔法使い ――サン・フェアリー・アン。 落ちこぼれの科学少年 ――ムギ。 二人は出会い、何かが生まれる……!

<世界の終わりの魔法使い>とは?

漫画家・西島大介が単行本の描き下ろしシリーズとして発表した、ファンタジー漫画です(通称〈せかまほ〉)。
第1部『世界の終わりの魔法使い』は、1冊読み切りの作品として刊行されましたが、次第に世界観が広がり、第2部『恋におちた悪魔』、第3部『影の子どもたち』と続篇が描かれました。
第3部でムギの物語は完結しましたが、サン・フェアリー・アンはまだまだあばれたがっているようです。事実、〈せかまほ〉特別篇『世界の終わりの魔法使い~小さな王子さま~』(講談社「モーニング・ツー」連載)でもあいかわらずの活躍を見せています。
今後も〈せかまほ〉ワールドはどんどん広がっていくかもしれません。

最新刊 !

『世界の終わりの魔法使い』

世界の終わりの魔法使い
魔法なんか信じない。
でも、君は信じる。

科学が滅んだ時代の魔法の村。なぜか魔法が使えない少年は、ひとりの不思議な少女と出会い……読めばゼッタイもらえる勇気! 〈せかまほ〉第1弾。

『世界の終わりの魔法使いⅡ 恋におちた悪魔』

世界の終わりの魔法使いⅡ 恋におちた悪魔
やっとわかった!
ぼ…僕!!
君にだけは本気ッ!

時は1000年前、人類対魔法使いの最終戦争――魔法大戦のさ中、落ちこぼれ少年と魔法使いの少女、2人の思いが歴史を変えた。第2弾、始まりの物語。

『世界の終わりの魔法使いⅢ 影の子どもたち』

世界の終わりの魔法使いⅢ 影の子どもたち
君は僕に見せてくれた。
信じられないものを……
いっぱい!

1000年ぶりに帰還したアンの故郷・惑星ノロは、魔物たちが支配する星となっていた……アンとムギの最後の冒険が始まる。3部作完結篇。

著者プロフィール

西島 大介

ニシジマ ダイスケ

1974年生まれ。漫画家。2004年、描き下ろし単行本『凹村戦争』(早川書房)でデビュー。
著書に『ディエンビエンフー』(小学館)、『土曜日の実験室―詩と批評とあと何か』(INFASパブリケーションズ)、『アトモスフィア』(早川書房)、『アトムちゃん』(角川書店)、『魔法なんて信じない。でも君は信じる。』(太田出版)等。
著者公式サイトは「島島

2016.03.31

ディエンビエンフー12巻4月末日発売 and more...

せかまほシリーズも長編(現在4巻)ですが、それ以上の大長編『ディエンビエンフー』12巻の刊行が4月末日に決定しました。

amazon.co.jp

それに歩調を合わせた・・・わけではありませんが米沢嘉博記念図書館で開催中の「マンガと戦争展 6つの視点と3人の原画から+α 」にもディエンビエンフーが展示されます。第四期として第4期:2016年5月13日(金)-6月5日(日)まで。5月21日(土)には宮本大人さんとのトークも開催されます。ディエンビエンフー関連イベントはおそらくこれだけになるので、この機会にぜひ。原画、作品のための資料などを展示する予定です。

meiji.ac.jp
meiji.ac.jp

また、アートバーゼルというアートコレクターのためのイベントに合わせて美術出版社が編集し刊行している「美術手帖海外版」に、ディエンビエンフーの描き下ろし短編8ページが掲載されています。香港バーゼルの開催に合わせた刊行であるため、英語と中国語の二種が刊行。国内では入手不可。海外コレクターのみなさま、この機会にディエンビエンフーぜひ知っていただきたいですね(香港マーケットに向けて「フランスと100年、中国と千年」というセリフが書けて感慨ひとしおです)

natalie.mu/comic/

告知し忘れていましたが、早川書房刊『Comic S 早川書房創立70周年記念コミックアンソロジー〔SF篇〕』に短編「ミスターどーなつ」が収録されています。こちらは、北野勇作さんの小説「どーなつ」(西島にとって最初期の装丁仕事であり、その後同レーベルから『凹村戦争』を刊行)を原作とした短編。自分でも描いたことを失念していたほどに古い原稿です。絵が古すぎて恥ずかしいです。

www.amazon.co.jp

さらに、最近めっきり「雑誌掲載」から遠のいている僕ですが、久々雑誌的な場所に載りました。石原さとみさんのCMでおなじみ「ふんわり鏡月」の関連WEBにて、スマホで読むマンガを書き下ろしました。石原さとみさんの「夢」を描いた内容。久々に他の作家の皆さんと並んで掲載されるという雑誌的な緊張を味わいました。スクロールに遊びがあり、DJまほうつかいの曲が流れるという、面白い仕掛けになっています。とても挑戦的な広告仕事でした。

cinra.net

最果タヒさんの新刊『渦森今日子は宇宙に期待しない。』(新潮文庫NEX)のカバー絵を担当しています。yomyom連載時から、毎回の物語を楽しみに読んでいた作品です。素敵な装幀で素敵な一冊に仕上がりました。

shinchobunko-nex.jp/

固定リンク | トラックバック (0)

2016.02.06

展示ばかりで良いのか悪いのか・・・いや良い!(言い切り)

さて、二月です。ベトナムで言うならテト明けですね。東京と海外で展示があります。

【1】マンガ・北斎・漫画―現代日本マンガから見た『北斎漫画』
2月5日よりローマで始まった展覧会「マンガ・北斎・漫画―現代日本マンガから見た『北斎漫画』」展に参加しています。「海 I」というタイトルで音楽を含む作品を寄せています。展示のアートディレクションは祖父江慎さん。この展示はローマを皮切りに5年ほどをかけて海外を回り続けるそう。国内巡回の予定はないので、旅先で見かけた方、ぜひ!(どこかで音楽だけでも聴けるようにしたいですねー)

英語版ウェブはこちら

【2】第19回文化庁メディア芸術祭受賞作品展
国立新美術館にて開催中のメディア芸術祭受賞作品展。2月13日(土)音楽劇『正しい数の数え方』15:00の回の上演後岸野雄一さんとトークします。アニメーションの設定で参加している作品で、スライドを使用しながら昔話などもすると思います。劇は会期中毎日やっています。
「わたしが知ってる岸野雄一」

【3】「マンガと戦争展 6つの視点と3人の原画から+α」
2月11日(火)から米沢嘉博記念図書館で開催される「マンガと戦争展 6つの視点と3人の原画から+α」にて、+α、第四期展として『ディエンビエンフー』が展示されます。日程は定まっていませんが、5月にはトークも開催。西島の展示は5月11日からとなります。ところで肝心の『ディエンビエンフー』12巻は本編全話のペン入れを終え、アオザイ通信などの細かい部分を進める状態です。展示がスタートすることには出ているでしょうか・・・・。

コミックナタリー記事

【おまけ】『いいにおいのする映画』
2月12日(金)シネマカリテ新宿では映画『いいにおいのする映画』20:20の回上映後のトークに出演します。詳細は映画公式FBにて確認ください。実は映画のパンフレットにサントラ盤の解説を執筆しています。現場売りのみのレア物販も持って行く予定です。ぜひ!

固定リンク | トラックバック (0)

2016.01.23

あけましておめでとうございます!

と・・・今更のように。

2016年は本業たるマンガ特に「ディエンビエンフー」に集中したいと思っています。12巻のペン入れはつい先日終了。アオザイ通信の描き足しや単行本作業を残すのみです。コツコツやっています(ところでホアンキエム湖の亀死んだって言うニュースが!)

おめでたいことと言えば、アニメーション設定参加した岸野雄一さんの音楽劇『正しい数の数え方』が第19回文化庁メディア芸術祭のエンターテインメント部門で「大賞」を獲りました。国立新美術館にて二週間ほど上映の機会があります。なかなかにカルト、ディープな作品であり、見る機会もそう多くないはずで、この上演の機会は奇跡的。2月13日にはアフタートークに出演しますので、東京のみなさまぜひ。

現MAPLEZことひろしまMaple★sさんの赤坂BLITZツアー最終日の記念Tシャツ作りました。全メンバー描いてます。MAPLEZさんどこまでも大きくなってほしいです(なゆたんの生誕Tシャツもひっそり作ってます)

あと、ボーカロイドPのきくおさんの新曲「のぼれ!すすめ!高い塔」のMVも担当しています。ボカロバージョンと、花たんさんとのユニット「きくおはな」バージョン、二種あります。寓話的、物語的な曲に引っ張られ、ワンカメのショートフィルムのような仕上がりです。観てみてください。

後は装幀仕事、ミイケ先生仕事(え?)などもろもろあるのですが割愛しまして・・・今年は『ディエンビエンフー』がんばるぞと。よろしくお願いします!

固定リンク | トラックバック (0)

2015.12.26

Soundcloudでたどる12月。

今年最後のリリースはちくま文庫『土曜日の実験室+ 詩と批評とあと何か』(帯コムアイ/解説さやわか)そして映画『世界の終わりのいずこねこ』DVDでした。脚本&音楽を担当した短編『レイニー&アイロニーの少女コレクション』も収録されています。どちらもよろしくおねがいします。

12月は、榎本俊二先生との刊行イベントや、さやわか氏とのゲンロンカフェ、DJまほうつかいコンサートなどもありましたが、ようやく一息ついてます。昨年は大晦日に東京でサイン会だったのでそれと比べるとだいぶ落ち着いています。落ち着きすぎて広島のSTEREO RECORDSさんのサイトでコラムの連載なども始めています。

以下、そんな12月をSoundcloudで辿りつつ、来年は何をしようか静かに考えようと思います。良い年になりますように!

固定リンク | トラックバック (0)

2015.12.09

『土曜日の実験室+ 詩と批評とあと何か』発売です。

%E5%9C%9F%E6%9B%9C%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%AE%9F%E9%A8%93%E5%AE%A4%EF%BC%8Bcover%E5%B8%AF%E4%BB%98_02.jpg

本日12月9日『土曜日の実験室+ 詩と批評とあと何か』がちくま文庫から発売されました。文庫になるのはハヤカワSF文庫の『凹村戦争』に続く二冊目。元の本はINFASパブリケーションから2005年に刊行された単行本で、10年の時を経て80ページの大増補を施して文庫になりました。増量したのに値段もフランス装の豪華本だった底本と比べてグッとお安く890円です(マンガとしては高いかもしれませんが)。

帯は水曜日のカンパネラのコムアイさんです。「西島さんの描くキャラクターはこの世に期待をしていない悟りくん、悟りちゃんだ」と始まる帯コメント、絶頂にお忙しいだろう状況で、しかし内容を読み込んでくれていてとてもうれしいです。

また親交の深かった椎名もたくんの追悼マンガ「椎名もたくんのこと」は所属レーベルのニコニコ漫画で同時公開しています。ぽわぽわPこともたくんの急逝は今年起こった忘れがたい大きな出来事でしたが、こういう形でその親交を描き残すことができて良かったと思います。

関連サイン会&トークイベントも広島READAN DEATにて榎本俊二先生と、東京ではゲンロンカフェにて解説を寄せてくれた「さやわか」さんと、東西二か所で開催されます。詳しくは下記リンクを。よろしくお願いします。

コミックナタリー「土曜日の実験室」約80P追加の増補文庫版、発売記念イベントも

以下は膨大な収録作品リスト。とにかく雑多で、どこから読んでもOKな、移動中やトイレでの読書にはうってつけの一冊です。マンガの教養、ちくま文庫化とてもうれしいです。よろしくお願いします!

サブカルVS オタク最終戦争
絶対安全西尾維新
黒田硫黄2050
美しい夢
泡色のブギー
セカイの中心で、愛。~ SFとライトノベル以降をめぐる、きみと僕の事情
発明の破壊の中の機械達の空想
シベリア少女鉄道の夜
戦闘なんてくだらないぜ、オレの歌を聴けー!!
雪崩式サウンドシステム!
武装するアートブック
OVERGROUND RESISTANCE 1-5
ぼくが考えたバスターマシン
Dragon,Tiger&Escargot
悪魔を憐れむ歌1983
変身の虫はこんな虫
ヴェルヌが見た夢
サン=ジェルマン=デ=プレの黒い雨
森と木と常とこ滑なめ
萌えられるキモチ
雑誌文化伝説
人工の砂浜で鳥が来るのをずっと待って
せかいまほう通信
アオザイ通信
NO MUSIC, NO LIFE, NO WAVE
ヒーローはいつだって君をがっかりさせる
Legend of Minmei♥
Legend of Mylene♥
226本の木
ロクロク星人vs人類のハルマゲドン
FLCLあの日あの時あの場所で
poetry, criticism et cetera
なっちとあっち
「NO!! WARなんてくだらないぜ、俺の歌を聴けー!!」と熱気バサラが世界の中心で叫ぶ
戦闘なんてくだらないぜ、俺の歌を聴けー!!~最高に滅茶苦茶に容赦なくやること
動物化する電子音楽
暴力的に闘うイラストーリー・ノベルス中原昌也 『キッズの未来派わんぱく宣言』
この本は君をがっかりさせたがっている磯部涼『ヒーローはいつだって君をがっかりさせる』
シベリア少女鉄道について1『二十四の瞳』
シベリア少女鉄道について2『ウォッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』
そして何の問題もなくなった『スターシップ・トゥルーパーズ2』
カート・ラッセル不在の続編『遊星からの物体X episodeⅡ』
アゲインストをする生き方 『トップをねらえ2!』
逆袋とじされたい 『百合姉妹vol.3』
ポストエレクトロニカヒプホプ少女マンガ渡辺ペコ『たんの三兄弟』
メッタ斬り返せばいいのにTAGRO『マフィアとルアー』
いろんな意味でおめでとう?ウエダハジメ 『Qコちゃん THE地球防衛少女』
まあやたんがいてくれればいい~2004年のアニメのこと
お菓子の国のヒグチしんじ論『ミニモニ。THEムービー お菓子な大冒険!』
このトリポッドがすごい!!『トリポッド』四部作について
いやほんと、どうでもいいんです実際 『物語る絵画』について
『Metaltronica』ライナーノート メタル+エレクトロニカ= Metaltronica?
榎本俊二×西島大介東京から遠く離れて
Syro 2014
おんなのこきらい、すき、きらい、やっぱすき。
椎名もたくんのこと
poetry, criticism et cetera II
The Cost of My Freedom
あとがき
文庫版あとがき
解説

固定リンク | トラックバック (0)