世界の終わりに居合わせる大魔法使い ――サン・フェアリー・アン。 落ちこぼれの科学少年 ――ムギ。 二人は出会い、何かが生まれる……!

<世界の終わりの魔法使い>とは?

漫画家・西島大介が単行本の描き下ろしシリーズとして発表した、ファンタジー漫画です(通称〈せかまほ〉)。
第1部『世界の終わりの魔法使い』は、1冊読み切りの作品として刊行されましたが、次第に世界観が広がり、第2部『恋におちた悪魔』、第3部『影の子どもたち』と続篇が描かれました。
第3部でムギの物語は完結しましたが、サン・フェアリー・アンはまだまだあばれたがっているようです。事実、〈せかまほ〉特別篇『世界の終わりの魔法使い~小さな王子さま~』(講談社「モーニング・ツー」連載)でもあいかわらずの活躍を見せています。
今後も〈せかまほ〉ワールドはどんどん広がっていくかもしれません。

最新刊 !

『世界の終わりの魔法使い』

世界の終わりの魔法使い
魔法なんか信じない。
でも、君は信じる。

科学が滅んだ時代の魔法の村。なぜか魔法が使えない少年は、ひとりの不思議な少女と出会い……読めばゼッタイもらえる勇気! 〈せかまほ〉第1弾。

『世界の終わりの魔法使いⅡ 恋におちた悪魔』

世界の終わりの魔法使いⅡ 恋におちた悪魔
やっとわかった!
ぼ…僕!!
君にだけは本気ッ!

時は1000年前、人類対魔法使いの最終戦争――魔法大戦のさ中、落ちこぼれ少年と魔法使いの少女、2人の思いが歴史を変えた。第2弾、始まりの物語。

『世界の終わりの魔法使いⅢ 影の子どもたち』

世界の終わりの魔法使いⅢ 影の子どもたち
君は僕に見せてくれた。
信じられないものを……
いっぱい!

1000年ぶりに帰還したアンの故郷・惑星ノロは、魔物たちが支配する星となっていた……アンとムギの最後の冒険が始まる。3部作完結篇。

著者プロフィール

西島 大介

ニシジマ ダイスケ

1974年生まれ。漫画家。2004年、描き下ろし単行本『凹村戦争』(早川書房)でデビュー。
著書に『ディエンビエンフー』(小学館)、『土曜日の実験室―詩と批評とあと何か』(INFASパブリケーションズ)、『アトモスフィア』(早川書房)、『アトムちゃん』(角川書店)、『魔法なんて信じない。でも君は信じる。』(太田出版)等。
著者公式サイトは「島島

2017.11.11

個展「トゥルーエンドを探して」開催のご案内です

漫画家、音楽家、アーティストと、領域を横断して活躍する西島大介による初 個展を 11 月 18 日より AWAJI Cafe & Gallery にて開催する。「ぼうやシリーズ」 の新作絵画作品を始め、DJ まほうつかいの活動や漫画家としての仕事、映像アー カイブも公開予定。展示期間中はライブペインティングやトーク、ライブなど のイベントを立て続けに開催し、展示とともに西島大介の活動を俯瞰する。

西島大介「トゥルーエンドを探して」 2017/11/18~12/2 11:00~19:00
会場:AWAJI Cafe & Gallery
(東京都千代田区神田淡路町 2-4-6 F&F ロイヤルビル1階) 休廊日:月曜、火曜
オープニングレセプション:11 月 18 日(土)18:00- 入場自由、ドリ ンクと軽食あり。 展示内容:キャンバス作品、マンガ原稿、イラスト、3D 作品、イン スタレーションなど。 イベント:イベント多数のため別ページに記載。
主催:Startbahn, Inc
協力:DEARSTAGE/ HEADZ/ DOMMUNE/ DMM.make

【展覧会について】
西島大介は2004年にゼロ年代のSFや批評シーンと連動する形で漫画家デビューし、以降 、マンガの枠にと留まらず、音楽家「DJまほうつかい」として、また純粋な芸術家として、多 岐にわたり活動する不思議な作家です。と同時に、そのいずれの表現においても、失敗=「 バッドエンド」や、良くも悪くもない結果=「ノーマルエンド」を繰り返す作家でもあります。
本展示では、会場を「ノーマルエンド」/「トゥルーエンド」に二分。DOMMUNE出演時に作 成した「犬小屋」、物語上の決定的な分岐点となった『ディエンビエンフー TRUE END』6話 の全生原稿、総再生時間14時間を超える膨大な音楽など、過去に試みた膨大な実験的作 品群を「ノーマルエンド」として展示します。 また、最新作となる「ぼうや」立体作品や絵画を「トゥルーエンド」として展示します。


【関連イベントについて】
11月18日(土) 16:00~18:00 「僕は昔パープルームだった」 梅津庸一・西島大介・泰平(無料、オンライン生放送予定)

11月19日(日) 14:00~16:00 「帰ってきたウィンドアンドウィンドウズ」 蓮沼執太・郷拓郎・DJまほうつかい(1000円) 17:00~19:00 「ぼうやって何だろう? クレマチスの丘から」松井みどり・森啓輔・西島大介・泰平(1000円)

11月23日(木・祝)
17:30~20:00 「DJまほうつかいピアノコンサート in AWAJI~復活の夜~」(2000円) DJまほうつかい・石塚周太・吉田隆一
・オープニングアクト 今井曖昧(ゲンロン ひらめき☆マンガ教室「けいおん部」) ・第一部 ピアノソロ
・第二部 DJまほうつかいトリオ

11月24日(金)
19:00~20:00 「21世紀のマーシャンズゴーホーム 第一回(ギャラリーにて)」さやわか・西島(500円) 20:30~23:30 「21世紀のマーシャンズゴーホーム 最終回(bar VACANCYにて)」さやわか・西島

11月25日(土) 16:00-17:30 「一挙上映!DJまほうつかいの映像史~2012年から現在まで~」(1000円) DJまほうつかい・岡島紳士・楠本征広
■ 上映予定作品
「鍵盤と偶像~あさきゆめみしLive at 新宿PITINN~」(2012) 記録映像
「Ghosts in the Forest」(2014)監督:子犬
「レイニー&アイロニーの少女コレクション」(2015) 監督:飯田エリカ
「異類婚のエスノグラフィー」(2016)監督:ワタナベカズキ
「Catacombe メゾネットメゾンver.」(2017)監督:Q.i

11月26日(日) 16:00 「淡路町ネオグラフィティ2017(仮)」完成披露名入れ式(参加無料)

固定リンク | トラックバック (0)

2017.07.22

トゥルーエンドを探して・・・

『ディエンビエンフー TRUE END』第一巻が、いよいよ2017年8月10日発売になります。版元は双葉社。

新装版から装丁は一新され、ベトナム戦争らしい、そしてややノスタルジックでセンチメンタルな印象に仕上がりました。IKKI版とも遡って角川版とも印象の異なるデザインですが、今の僕の気持ちがこうだ、ということだと思います。

物語は正しく完結します。とにかく読んでいただければ。よろしくお願いします。

また刊行に合わせてサイン会が8月20日(日)夕方下北沢ヴィレッジヴァンガードにて開催されます。
こちらに。コミティアと同日なので、遠征される方も是非「トゥルーエンドサイン会〜大進路説明会〜」にご参加ください。

さらに、「トゥルーエンド計画」として、単行本の刊行に合わせて様々な試みを展開していきます。まずはゲンロン友の会会員向けの定期刊行の電子書籍にて新連載「トゥルーエンドを探して」がスタート。西島が専任講師を務めるワークショプ「ゲンロン ひらめき☆マンガ教室」の母体となっているゲンロンのメルマガ(電子書籍)というコアな場所ですが、「ディエンビエンフー」のドキュメンタリーが掲載されます。今後も散発的に動きがあると思います。ご期待ください。

In Search of the True End...

固定リンク | トラックバック (0)

2017.07.12

ディエンビエンフー・トゥルーエンド計画の発動

IKKIの休刊、でもって『デェエンビエンフー』12巻を刊行し未完(バッドエンド)、しかし画集をグラフィック社から刊行、その後双葉社移籍、でもって「月刊アクション」にて完結編の新連載『ディエンビエンフー TRUE END』スタート&1〜6巻までの新装版の連続刊行開始・・・。

という非常に紆余曲折、読者でも状況が把握しづらいだろう状態が続いてきた話ですが、とりあえず無事に6ヶ月連続刊行の復刊が終了し、残すは1月からコツコツ連載してきた『ディンビエンフー TRUE END』の刊行を残すのみです。

わかりやすいまとめリンク

ふぅ。

長かった。

なんだかんだこの作品、実際のベトナム戦争より長くかかってますからね。戦争一個終わってる時間だっつーの。年明けからスケジュールを守れてよかったです。

はぁはぁ。

それにしても椎間板ヘルニアになった時は、正直危なかったです(今も治療中)。

ふぅ・・・。

あと、ニコニコ漫画や双葉社のアプリでも、かなりの話数が読めるようになっていますので、調べて読んでみてください。ニコニコのコメント正直面白いです。「知れ」「早く知れ」「いい加減知れ」w

さあ本当の完結へ。もう『ディエンビエンフー TRUE END』は好き勝手描きまくって、光の速さで完結させますので、このまままっすぐ完結までついてきてください。まずは第1巻よろしく!


ディエンビエンフー TRUE END 第1巻

固定リンク | トラックバック (0)

2017.06.02

せかまほIV電子書籍化!

ご無沙汰しています。2017年は年明けから移籍した「ディエンビエンフー」の復刊(新装版)リリース、及び完結編たる「ディエンビエンフーTRUE END」の連載で多忙です。ディエンビエンフーは「世界の終わりの魔法使い」同様ライフワークなので、せっかくの完結の機会、不撓不屈の信念で頑張りたいと思っています。と、そんな状況下で椎間板ヘルニアを発症(関連記事)したり、年明けから〆切的にも健康的にも危ない橋が何度も・・・。幾つかの仕事をお断り&セーブして、マンガに集中しています。

そんな中、長い間調整がつかなかった講談社版権がまとめて本日電子書籍化されました。『小さな王子さま 世界の終わりの魔法使いIV』『I Care Because You DO』『すべてがちょっとずつ優しい世界』。いずれも入手困難な状況が長く続いた作品、電子ではありますが「とりあえずは読める」という状況は整いました。この機会にぜひ。

地元広島ではこの春LECTという巨大ショッピングモールがオープンし、蔦屋書店さんでフェア&展示
「Night」を開催中。また6月4日にはサイン会も開催されます。

昨年から短編を描く機会が多く、ついでながらここに紹介しておきます。
Wired vol.25「しんぴょうせいのたかいごうい」(2016)
ガール!!!!(同人誌)「怪獣古内東子」(2016)
婦人画報1月号 AI特集「やさしいAI」(2017)
ユリイカ 特集:最果タヒ「最果タヒチ」(2017)
漫画アクション「コトリンゴについての2P(仮)」(2017)

固定リンク | トラックバック (0)

2016.08.04

The ART of Dine Bien Phu

さて夏です、もう8月です。今年二冊目の刊行となる画集&設定資料集『The ART of Dien Bien Phu』がグラフィック社より8月上旬刊行されます!

前のエントリーで伝えたIKKI版『ディエンビエンフー』最終刊12集。未だ継続誌も決まらないこのタイミングで画集がリリースされることはまさに「奇跡」であり、担当編集さん版元さんに感謝します。この画集をもって、何とか次につなげたいですねー。いやまじで。本と世の中からすれば「打ち切りなら同人誌でやってろよ」って話だとも思うのですが・・・でも、通った企画に罪無し! 13集以降の物語について描きまくったり、年表全部載せちゃったり、キャラクター&それに付随する設定を完全書き下ろししたり、ありがたく、やりたい放題やらせていただきました。また、ツイッターアカウント@dbp65では、週刊ペースで地下新聞「アオザイ通信PAPER」を発行しています。見つけて、全国のセブンイレブンでプリントアウトしてみてください。

グラフィック社
AMAZOM
@dbp65

8月20日(土)に横浜リブロジョイフル店さんでサイン会があります。このサイン会、特典とグッズ物販もあります。ぜひ!

LIBRO横浜ジョイフル店サイン会

翌日21日(日)にはコミティアのグラフィック社ブースにてサイン会も。こちらは別ブースでDJMRこと「DJまほうつかいレコード」も出店しています。午前中はDJMR、午後はグラフィック社ブースへぜひ。

DJまほうつかいレコード(最近レーベル始めたのです・・・詳しくは辿ってください)
コミティア117

そして、上記の本を編集しながら7月後半は静岡県長泉町クレマチスの丘に長期滞在していました。ヴァンジ彫刻庭園美術館「生きとし生けるもの」のための新作絵画の制作でした。制作は無事終わり、展覧会は11月まで長期開催中。カタログにも16ページの漫画を描き下ろしています。

ヴァンジ彫刻庭園美術館「生きとし生けるもの」

お子さま連れも楽しめるはず。滞在制作でさまざまな参加作家さんと時間を共有しましたが、どれも良い!(僕が言うのもなんですが)テーマはシリアスながら、親子連れも大歓迎な素敵な展示だと思います。この夏~秋、ぜひぜひ。

10月のクロージングイベントにも出演します。


あと、ここからが本題だ!!!!!!!
プーーーーーーーーー!!!!!!!
『世界の終わりの魔法使い』河出より刊行された全3集、電子書籍化されました。よろいしくお願いします。

固定リンク | トラックバック (0)