世界の終わりに居合わせる大魔法使い ――サン・フェアリー・アン。 落ちこぼれの科学少年 ――ムギ。 二人は出会い、何かが生まれる……!

<世界の終わりの魔法使い>とは?

漫画家・西島大介が単行本の描き下ろしシリーズとして発表した、ファンタジー漫画です(通称〈せかまほ〉)。
第1部『世界の終わりの魔法使い』は、1冊読み切りの作品として刊行されましたが、次第に世界観が広がり、第2部『恋におちた悪魔』、第3部『影の子どもたち』と続篇が描かれました。
第3部でムギの物語は完結しましたが、サン・フェアリー・アンはまだまだあばれたがっているようです。事実、〈せかまほ〉特別篇『世界の終わりの魔法使い~小さな王子さま~』(講談社「モーニング・ツー」連載)でもあいかわらずの活躍を見せています。
今後も〈せかまほ〉ワールドはどんどん広がっていくかもしれません。

最新刊 !

『世界の終わりの魔法使い』

世界の終わりの魔法使い
魔法なんか信じない。
でも、君は信じる。

科学が滅んだ時代の魔法の村。なぜか魔法が使えない少年は、ひとりの不思議な少女と出会い……読めばゼッタイもらえる勇気! 〈せかまほ〉第1弾。

『世界の終わりの魔法使いⅡ 恋におちた悪魔』

世界の終わりの魔法使いⅡ 恋におちた悪魔
やっとわかった!
ぼ…僕!!
君にだけは本気ッ!

時は1000年前、人類対魔法使いの最終戦争――魔法大戦のさ中、落ちこぼれ少年と魔法使いの少女、2人の思いが歴史を変えた。第2弾、始まりの物語。

『世界の終わりの魔法使いⅢ 影の子どもたち』

世界の終わりの魔法使いⅢ 影の子どもたち
君は僕に見せてくれた。
信じられないものを……
いっぱい!

1000年ぶりに帰還したアンの故郷・惑星ノロは、魔物たちが支配する星となっていた……アンとムギの最後の冒険が始まる。3部作完結篇。

著者プロフィール

西島 大介

ニシジマ ダイスケ

1974年生まれ。漫画家。2004年、描き下ろし単行本『凹村戦争』(早川書房)でデビュー。
著書に『ディエンビエンフー』(小学館)、『土曜日の実験室―詩と批評とあと何か』(INFASパブリケーションズ)、『アトモスフィア』(早川書房)、『アトムちゃん』(角川書店)、『魔法なんて信じない。でも君は信じる。』(太田出版)等。
著者公式サイトは「島島

« トゥルーエンドを探して・・・ | メイン

2017.11.11

個展「トゥルーエンドを探して」開催のご案内です

漫画家、音楽家、アーティストと、領域を横断して活躍する西島大介による初 個展を 11 月 18 日より AWAJI Cafe & Gallery にて開催する。「ぼうやシリーズ」 の新作絵画作品を始め、DJ まほうつかいの活動や漫画家としての仕事、映像アー カイブも公開予定。展示期間中はライブペインティングやトーク、ライブなど のイベントを立て続けに開催し、展示とともに西島大介の活動を俯瞰する。

西島大介「トゥルーエンドを探して」 2017/11/18~12/2 11:00~19:00
会場:AWAJI Cafe & Gallery
(東京都千代田区神田淡路町 2-4-6 F&F ロイヤルビル1階) 休廊日:月曜、火曜
オープニングレセプション:11 月 18 日(土)18:00- 入場自由、ドリ ンクと軽食あり。 展示内容:キャンバス作品、マンガ原稿、イラスト、3D 作品、イン スタレーションなど。 イベント:イベント多数のため別ページに記載。
主催:Startbahn, Inc
協力:DEARSTAGE/ HEADZ/ DOMMUNE/ DMM.make

【展覧会について】
西島大介は2004年にゼロ年代のSFや批評シーンと連動する形で漫画家デビューし、以降 、マンガの枠にと留まらず、音楽家「DJまほうつかい」として、また純粋な芸術家として、多 岐にわたり活動する不思議な作家です。と同時に、そのいずれの表現においても、失敗=「 バッドエンド」や、良くも悪くもない結果=「ノーマルエンド」を繰り返す作家でもあります。
本展示では、会場を「ノーマルエンド」/「トゥルーエンド」に二分。DOMMUNE出演時に作 成した「犬小屋」、物語上の決定的な分岐点となった『ディエンビエンフー TRUE END』6話 の全生原稿、総再生時間14時間を超える膨大な音楽など、過去に試みた膨大な実験的作 品群を「ノーマルエンド」として展示します。 また、最新作となる「ぼうや」立体作品や絵画を「トゥルーエンド」として展示します。


【関連イベントについて】
11月18日(土) 16:00~18:00 「僕は昔パープルームだった」 梅津庸一・西島大介・泰平(無料、オンライン生放送予定)

11月19日(日) 14:00~16:00 「帰ってきたウィンドアンドウィンドウズ」 蓮沼執太・郷拓郎・DJまほうつかい(1000円) 17:00~19:00 「ぼうやって何だろう? クレマチスの丘から」松井みどり・森啓輔・西島大介・泰平(1000円)

11月23日(木・祝)
17:30~20:00 「DJまほうつかいピアノコンサート in AWAJI~復活の夜~」(2000円) DJまほうつかい・石塚周太・吉田隆一
・オープニングアクト 今井曖昧(ゲンロン ひらめき☆マンガ教室「けいおん部」) ・第一部 ピアノソロ
・第二部 DJまほうつかいトリオ

11月24日(金)
19:00~20:00 「21世紀のマーシャンズゴーホーム 第一回(ギャラリーにて)」さやわか・西島(500円) 20:30~23:30 「21世紀のマーシャンズゴーホーム 最終回(bar VACANCYにて)」さやわか・西島

11月25日(土) 16:00-17:30 「一挙上映!DJまほうつかいの映像史~2012年から現在まで~」(1000円) DJまほうつかい・岡島紳士・楠本征広
■ 上映予定作品
「鍵盤と偶像~あさきゆめみしLive at 新宿PITINN~」(2012) 記録映像
「Ghosts in the Forest」(2014)監督:子犬
「レイニー&アイロニーの少女コレクション」(2015) 監督:飯田エリカ
「異類婚のエスノグラフィー」(2016)監督:ワタナベカズキ
「Catacombe メゾネットメゾンver.」(2017)監督:Q.i

11月26日(日) 16:00 「淡路町ネオグラフィティ2017(仮)」完成披露名入れ式(参加無料)

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mag.kawade.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/816