既刊情報 一覧

マンガがあるじゃないか"

マンガがあるじゃないか

全国の中高生へ、本当に面白い、とっておきの名作・傑作・衝撃作を教えます。木皿泉、ヤマザキマリ、宮田俊哉(Kis-My-Ft2)、佐渡島庸平、オカリナ(おかずクラブ)、高野秀行etc.

薦めるマンガガイドの決定版! さあ広大なマンガの荒野へ!

ISBN:978-4-309-61700-8
定価1,404円(税込)

河出書房新社編集部 編

著者
木皿泉/光浦靖子/ヤマザキマリ/坂東巳之助/みなもと太郎/吉川浩満/荻原規子/辛酸なめ子/オカリナ(おかずクラブ)/中野京子/中条省平/佐渡島庸平/香山リカ/春風亭一之輔/サンキュータツオ/ヨシダナギ/細谷佳正/長尾謙一郎/佐藤克文/宮田俊哉(Kis-My-Ft2)/永江朗/高野秀行/水島裕/西智子/飲茶/大橋智之/奥平邦彦/蒼井ブルー/宇野常寛

聞く力 話す力 インタビュー術入門

聞く力 話す力 インタビュー術入門

沢尻エリカ、玉三郎、カストロ議長…テレビ報道に携わって30年、千人を超える人々にインタビューしてきた名キャスターが実例を挙げながら贈る、人の心をひらく聞き方・話し方のヒント。

ISBN:978-4-309-61699-5
定価1,404円(税込)

松原 耕二

1960年山口県生まれ。「筑紫哲也NEWS23」「報道特集」のディレクターなどを経て、「ニュースの森」「NEWS23X」のメインキャスターをつとめる。現在、「週刊報道LIFE」のメインキャスター。

14歳からの宇宙論

14歳からの宇宙論

宇宙はいつ、どのように始まったのか? この先は? もう一つ別の宇宙がある?……最先端の科学によって次々と明らかにされた宇宙の姿を、世界をリードする物理学者がやさしく紐とく。

ISBN:978-4-309-61698-8
定価1,404円(税込)

佐藤 勝彦

1945年生。京都大学理学部物理学科卒。同博士課程修了、理学博士。自然科学研究機構長。専攻は宇宙論・宇宙物理学。主著に『インフレーション宇宙論』『宇宙論入門』『眠れなくなる宇宙のはなし』他多数。

発信力の育てかた

発信力の育てかた

ツイッター、ブログ、YouTube……これからは一人一人が発信者=ジャーナリストになる時代だ! 不特定多数の人に「伝える」ための基本がすぐに身につく、新時代の教科書。

ISBN:978-4-309-61697-1
定価1,404円(税込)

外岡 秀俊

1953年札幌市生まれ。76年、東大在学中に書いた『北帰行』で第13回文藝賞を受賞。現在、中原清一郎名義で小説家として、外岡秀俊名義でジャーナリストとして活躍。最新小説として『カノン』がある。

生き延びるための作文教室

生き延びるための作文教室

作文とはウソを書くことである! 学校では教えられない、ふつうでない作文のすすめ。個性的である必要はない。個性的に「見える」方法を教えよう。いつまでみんなと同じこと書いてるの?

ISBN:978-4-309-61696-4
定価1,404円(税込)

石原 千秋

1955年生まれ。早稲田大学教育学部・総合科学学術院教授(日本近代文学)。『読者はどこにいるのか』『受験国語が君を救う!』『教養としての大学受験国語』『『こころ』で読みなおす漱石文学』など。

14歳からの戦争のリアル

14歳からの戦争のリアル

実際、戦争へ行くってどういうことなの? 第二次大戦経験者、イラク帰還兵、戦場ボランティア、紛争解決人、韓国兵役拒否亡命者、元自衛隊員、出稼ぎ労働経験者にきく、戦争のリアル。

ISBN:978-4-309-61695-7
定価1,404円(税込)

雨宮 処凛

1975年生まれ。作家・活動家。2000年、自伝的エッセイ『生き地獄天国』でデビュー。以降、プレカリアート問題を中心に執筆。『右翼と左翼はどうちがう?』『14歳からの原発問題』等、著書多数。

世界を平和にするためのささやかな提案

世界を平和にするためのささやかな提案

いま、「世界を平和にする」ためになにができるのか? 22人が提案する、平和のためのアイデア。黒柳徹子、伊勢崎賢治、中川翔子、加古里子、最果タヒ、木村草太、春香クリスティーンetc.

ISBN:978-4-309-61694-0
定価1,296円(税込)

黒柳徹子/徳永進/中川翔子/永江朗/伊勢崎賢治/木村草太/香山リカ/ヨシタケシンスケ/田中優/島田裕巳/小島慶子/春香クリスティーン/辛酸なめ子/竹内薫/最果タヒ/山本敏晴/山極寿一/上坂すみれ/文月悠光/サヘル・ローズ/池澤春菜/加古里子

よのなかを変える技術

よのなかを変える技術』

君の絶望はよのなかを変える希望だ――この世界では必ず誰か困ってる。それは彼らが「よのなかの仕組み」から外れているから。困難を解決するための、一番やさしいソーシャルデザイン入門。

ISBN:978-4-309-61693-3
定価1,404円(税込)

今 一生

ライター、編集者。著書に、『ソーシャルデザイン50の方法』『日本一醜い親への手紙』『家を捨てよ、街へ出よう』『完全家出マニュアル』ほか多数。近年では全国で「社会起業支援サミット」を無料開催している。

夏目漱石、読んじゃえば?

夏目漱石、読んじゃえば?』

漱石って文豪と言われているけど面白いの? どう読めばいいの? そもそも小説の面白さって何? 奥泉光が全く新しい読み方、伝授します。香日ゆらによる漱石案内漫画付き。

ISBN:978-4-309-61692-6
定価1,404円(税込)

奥泉 光

1956年山形県生まれ。1986年に『地の鳥 天の魚群』でデビュー。1993年『ノヴァーリスの引用』で野間文芸新人賞、1994年『石の来歴』で芥川賞、2009年『神器』で野間文芸賞を受賞。

香日 ゆら

はじめての聖書

はじめての聖書

羊、クリスマス、十字架から、ノア、モーセ、イエス、罪、愛、最後の審判……聖書の重要ポイントをきわめて平易に説き直す。若い人びとへ送る、ほんものの聖書を読むための「予告編」。

ISBN:978-4-309-61691-9
定価1,404円(税込)

橋爪 大三郎

1948年、神奈川県生まれ。社会学者。『はじめての構造主義』、『世界がわかる宗教社会学入門』、『世界は宗教で動いてる』、『ふしぎなキリスト教』(共著)、『ゆかいな仏教』(共著)など著書多数。

世界の見方が変わる「数学」入門

世界の見方が変わる「数学」入門

地球の大きさはどうやって測ったの? 小数点って? 円周率? …小学校でも教わらなかった素朴な問いをやさしく紐解き、驚きに満ちた数の世界へご案内! 数学アレルギーだって治るかも。

ISBN:978-4-309-61690-2
定価1,404円(税込)

桜井 進

1968年生。サイエンスナビゲーター。東京工業大学理学部数学科、同大大学院卒業。在学中から予備校講師として活躍、数学や物理を楽しく生徒へ伝える。著書に『感動する!数学』『面白くて眠れなくなる数学』他。

真夜中のディズニーで考えた働く幸せ

真夜中のディズニーで考えた働く幸せ

落ち続けた入社試験、お客がいない夜のパークでの業務……。ベストセラー『ディズニーそうじの神様』の著者自らが、実際にディズニーで働きながら学んだ「仕事」と「人生」の意味を綴る。

ISBN:978-4-309-61688-9
定価1,404円(税込)

鎌田 洋

東京ディズニーランドオープンに伴い、初代ナイトカストーディアル(夜間清掃部門)・トレーナー兼スーパーバイザーに就任。その後、スタッフの指導・育成に携わったのち、'99年、ヴィジョナリー・ジャパン設立。

生き抜くための整体

生き抜くための整体

力を発揮したい時こそ、深い呼吸で力を抜こう。生きるのがグッと楽になる。自分の癖やしぐさを観察し、心のコンディションを整える方法を解説。身体と心をフワッとゆるめるメソッドも満載!

ISBN:978-4-309-61689-6
定価1,404円(税込)

片山 洋次郎

1950年生まれ。東京大学教養学部中退。現在、気響会整体道場を主宰。「野口整体」の思想に触発されながら独自の整体法の技術を創り上げた。身体の現場から「身も心もチョット楽になる方法」を提言している。

「がんばらない」人生相談

「がんばらない」人生相談

「人間はなんのために生きているのですか?」――お金儲けや競争社会、クダラヌ大人の誘惑に、まっすぐすくすくまき込まれないためのまわり道。人生になやむ中高生へおくる指南書。

ISBN:978-4-309-61686-5
定価1,296円(税込)

ひろ さちや

1936年、大阪生まれ。東京大学文学部印度哲学科卒。同大学院印度哲学専攻博士課程中退。今では仏教、インド思想の研究、執筆で活動。主著に『仏教の歴史』『親鸞』『「狂い」のすすめ』『「善人」のやめ方』など。

じぶんリセット

じぶんリセット

平凡でつまらない毎日をちょっと面白くする方法。「もしも、○○だったら……」と空想しながら、日常の「あたり前」をリセットすると、今まで気づかなかった新しい価値が見えてくる!

ISBN:978-4-309-61687-2
定価1,296円(税込)

小山 薫堂

放送作家。脚本家。東北芸術工科大学デザイン工学部企画構想学科長。1964年、熊本県天草市生まれ。脚本を手がけた映画『おくりびと』でアカデミー賞外国語部門賞を受賞。「くまモン」の生みの親でもある。

14歳からわかる生命倫理

14歳からわかる生命倫理

尊厳死、出生前診断、代理出産、臓器移植、デザイナーベビー……進歩し続ける医療を前に「命の格差」が広がっています。誰もが向き合うことになる「命」を巡る問題をイチから読み解く1冊。

ISBN:978-4-309-61685-8
定価1,296円(税込)

雨宮 処凛

1975年生まれ。作家・活動家。2000年、自伝的エッセイ『生き地獄天国』でデビュー。以降、プレカリアート問題を中心に執筆。『右翼と左翼はどうちがう?』『14歳からの原発問題』等、著書多数。

ちゃんとわかる消費税

ちゃんとわかる消費税

8%に増税される消費税。政治家のウソ、黙りこむマスコミ、増税を活用する大企業、増える滞納額……弱者を見捨てるこの税のしくみと問題点を正しく理解し、今こそイチから学び直す。

ISBN:978-4-309-61684-1
定価1,296円(税込)

斎藤 貴男

1958年東京生まれ。ジャーナリスト。早稲田大学商学部卒業。英国バーミンガム大学大学院修了。『機会不平等』『ルポ改憲潮流』『消費税のカラクリ』『「東京電力」研究 排除の系譜』等、著者多数。

偽善のすすめ

偽善のすすめ

人間の行う善は、すべて偽善だ。ならば、気が向いた時だけ善行をしよう。偽善者になろう!大切なのは、動機や気持ちではなく結果なのだから。歴史を踏まえ、本当の倫理とは何かを考える。

ISBN:978-4-309-61683-4
定価1,296円(税込)

パオロ・マッツァリーノ

イタリア生まれの戯作者。日本文化に造詣が深い。公式プロフィールにはイタリアン大学日本文化研究科卒とあるが大学自体の存在が未確認。著書に『反社会学講座』(ちくま文庫)、『つっこみ力』(ちくま新書)など。

医者になりたい君へ

医者になりたい君へ

14歳の夏に医者になろうと思い、日本初の難手術「バチスタ手術」を成功、世界の一線に立つ心臓外科医が医療と人々の姿、夢と現実、医学の可能性を綴る。命の最前線で見えたものとは――。

ISBN:978-4-309-61682-7
定価1,296円(税込)

須磨 久善

大阪医科大学卒業。須磨ハートクリニック院長、順天堂大学客員教授。世界初の胃大網動脈を用いた冠動脈バイパス手術や日本初のバチスタ手術を成功させ、ドラマ「医龍」「チームバチスタの栄光」等の監修も務める。

特別授業 “死”について話そう

特別授業 “死”について話そう

死について、何を学び、これから先をどう生きるのか――。いじめや自殺など、思春期を迎え、生きることの難しさに直面する10代に向けて、全18教科、豪華教授陣が誌上特別授業を開講。

ISBN:978-4-309-61681-0
定価1,296円(税込)

和合亮一/佐々涼子/島田裕巳/角幡唯介/森川すいめい/伊沢正名/川口有美子/畑正憲/酒井順子/園子温/元村有希子/最果タヒ/中森明夫/本郷和人/湯山玲子/佐治晴夫/遠藤秀紀/徳永進

戦後日本史の考え方・学び方

戦後日本史の考え方・学び方

占領、55年体制、高度経済成長、バブル、沖縄や在日コリアンから見た戦後、そして今――これだけは知っておきたい重要ポイントを熱血レクチャー。未来を生きる人のための新しい歴史入門。

ISBN:978-4-309-61680-3
定価1,296円(税込)

成田 龍一

1951年、大阪市生まれ。日本女子大学人間社会学部教授(近現代日本史)。『近現代日本史と歴史学』『「戦争経験」の戦後史』『大正デモクラシー』『〈歴史〉はいかに語られるか』など。

学校では教えてくれない 人生を変える音楽

学校では教えてくれない 人生を変える音楽

時に励まし、時に癒し、時には人生をも変える力を持つ「音楽」。作家、学者、音楽家、アイドル、芸人……26名が薦める音楽ガイド。

ISBN:978-4-309-61679-7
定価1,296円(税込)

又吉直樹/宮下奈都 /みうらじゅん/小路幸也/乙武洋匡/松井咲子(AKB48)/西研/山田ズーニー/町田康/辛酸なめ子/高嶋ちさ子/林丹丹/浦沢直樹/柴田元幸/池辺晋一郎/池谷裕二/桜井進/遠藤秀紀/本川達雄/清塚信也/角田光代/雨宮処凛/小手鞠るい/近藤良平/大崎善生/今日マチ子

自分はバカかもしれないと思ったときに読む本

自分はバカかもしれないと思ったときに読む本

バカはこうしてつくられる! 人気サイエンス作家が、バカをこじらせないための秘訣を伝授。アタマをやわらかくする思考問題付き。

ISBN:978-4-309-61678-0
定価1,296円(税込)

竹内薫

1960年、東京都生まれ。サイエンス作家。科学評論、エッセイ、講演などを幅広くこなす。NHK「サイエンスZERO」ナビゲーター、フジテレビ系「たけしのコマ大数学科」解説などテレビでも活躍中。著書多数。

携帯サイトにアクセス

QRコード

2016.03.09

落ち着いて生きたい生きる

お笑いは好きですか?
最近、忘れがたい芸人さん。
それはぽっちゃりクイーンのキャッチコピーを持つ、ゆりやんレトリィバァさんです。
テレビ番組「ナイナイの海外定住実験バラエティー 世界のどっかにホウチ民」という、登場する4人はそれぞれ世界のどこかに放置され、自力で生活を送る様子を紹介するテレビ番組でご存知の方も多いかと思います。彼女は3ヶ月間ニューヨークに滞在、住む場所やバイトを見つけ、何回か恋もし、多くの友人を作り、90日間の旅を終え昨夏帰国。その類いまれな適応能力とピュアな様子で視聴者を釘付けにした女性芸人さん。

そんなゆりやんさんの最近話題のネタが、本題。「落ち着いていきやー」と言いながら、焦ってしまうシチュエーションあるあるをレオタードに身を包み、不思議な音楽とダンスとともに披露していきます。

「財布を落としてきたかもしれへん〜♪」
「とりあえず〜 カード止めときや〜」

「旅行から帰って来たら〜 家のエアコン〜 つけっぱなしやった〜♪」
「もう2、3日〜 使うのやめとき〜」

「やさしいと思っていた人〜 いよいよ怒っているかもしれへん〜♪」
「忘れるころまで会わんとき〜」

「この書類〜 シャチハタのはんこ 使われへんらしい〜」
「ごまかし〜! 実印ですって言い切り〜!」

「地球上に〜 自分以外の人が〜 人っ子ひとりおらへんようになっていた〜♪」
「探し〜 イオンの裏とか、探し〜」


……という具合。
初めて見た時、不敵な笑みを浮かべる彼女の言葉に、正直胸が熱くなりました。
最後のイオンの裏は除いて、ズバリ私自身、社会に出てから実際に経験したことのある焦りばかり。
うっかりテレビにかじりついてしまいました。

焦ったり、不安や弱みを表に出してしまうと、それによって相手も不安にさせてしまうことがあります。
それはできるだけ避けねば、と思うほど表情が固まることもしばしば。
落ち着いて生きたい。頭の中は真っ白になっても、顔には微塵も出さずにいたい…。
しかし難しいのです。「落ち着いて」と言葉だけ投げて無事に相手に届くこともまた、難しいと感じます。
「人」を3回書いて飲み込んでも、ルーティンをしても、心と身体はいつもセット、良くも悪くも連動してしまうのです。落ち着きたい、という以上に、相手に安心してほしい気持ちは満々なのですが。

このネタで彼女は会場を大いに湧かせ、厚切りジェイソンさん、とにかく明るい安村さんら今最も勢いのある方々を差し置き決勝となるファイナルステージに進みました。ということは、やっぱり「あるある」なんですよね。ちっぽけな負の喜怒哀楽を掬いとって、大胆に昇華させる様子に目が離せません。
皆さんもぜひご覧になってみてください。

生きる | 固定リンク

2016.02.19

好きなものを好きという勇気生きる

 シリーズ最新刊『マンガがあるじゃないか』ただいま好評発売中です。今回は29名の方に「私を作ったこの一冊」について、熱く語っていただきました。みなさんの中にもすでに「この一冊」をお持ちの方もいるかもしれませんね。

編集者の仕事は、自分の好きなものの良さを人に伝える仕事だと思っています。それは作家さんご本人にだったり、会社のえらい人にだったり、読者のみなさんに向けてだったりしますが、一人でも多くの人にその内容に興味を持ってもらうため、日々、言葉を探しています。

けれど、14歳くらいの頃を思い返すと、自分の好きなものについて語ることが苦手でした。芸能人や流行りの歌を、たいして興味がなくても周りの友達が好きだからという理由で好きなふりをしていました。好きな異性を聞かれたときも本当のことはもちろん言わず、とりあえずクラスで無難な感じの男子の名前を挙げていました。
本当に好きな人(当時、20歳くらい年上の塾の先生と、少女まんがの『風光る』(渡辺多恵子さん作・小学館)に出てくる沖田総司と、宝塚のある男役さんが大好きでした!)は、ごく仲の良い友達にしか言いませんでした。

「好き」というのは、価値観そのものです。
いまはネットでちょっと調べれば同志もアンチも簡単に見つけられますが、ちゃんと自分の顔を見せて何かを「好き」だと表明するのはやっぱり勇気のいることだと思います。
それがメジャーなものであれ、マイナーなものであれ、「好きなもの」が自身のイメージを作ってしまうから。
でもだからこそ、人の好きなものの話を聞くのは楽しいのでしょう。
好きな小説、好きな映画、好きな音楽、好きな教科、好きなスポーツ、好きなファッション……たくさんの「好き」が、その人を作っています。
誰かを好きになると、相手の好きなものが気になります。彼氏(彼女)の好きなものは、自分も全部好きになる……とも限らなくて、趣味が合わずに100年の恋が冷めることもあります(相手も、この良さがわからないなんて! と思ったと思いますが)。

もし、毎日がつまらないな、大変だな、と思った時は、自分の好きなもののことを考えてください。自分がどこに惹かれるのか、考察する時間はとても楽しいものです。そして、自分の価値観を知ることができます。

自分が何を好きかわからない?
そんな時こそ『マンガがあるじゃないか』。多種多様な推薦者たちが、自信を持ってとっておきの「好き」を教えてくれます。

(編集部 T垣)

生きる | 固定リンク

2016.01.29

わたしをつくったこの一冊つれづれ

『マンガがあるじゃないか』好評発売中です!
サブタイトルが「わたしをつくったこの一冊」というわけで、誰にも依頼されていませんが、私からもぜひ一作品紹介させてください。
はじめて読んだのは大学生のときでしたが、編集者として働く今、よく思い出すシーンがあるのです。

紹介したいのは、逢坂みえこさんの『ベル・エポック』。芸能雑誌の女性編集者(1巻の冒頭で独身のまま30歳の誕生日を迎えて落ち込むシーンがあります…)が主人公。彼女と彼女のまわりの人たちとの、お仕事マンガです。
彼女はずっと携わっていた芸能雑誌から週刊の少年漫画誌(おそらく週刊少年ジャンプがモデル)に異動になり、そこでもいろいろあるわけなのですが……。
今回紹介したいのは、その主人公の後輩の女性編集者・鳴門さん(入社2年目)と彼女の担当漫画家・小坂先生のエピソードです。
次号の表紙を担当することになった小坂先生。これまでに何度も表紙は描いてきましたが、主人公がどアップで読者をにらみつけるような、ストレートでホットなもの(いわゆる少年漫画誌らしい)ではない表現をしたいと、色のトーンを落ち着かせたクールでカッコイイ表紙案を提案します。
鳴門さんも「本屋さんでもコンビニでも目を引きます!カッコイイ!」と絶賛し、編集部に持ち帰ったのですが、副編集長に「ボツ。原点に帰れ、少年漫画の基本に忠実に」と言われてしまいます。

気を取り直して、新たな案を描いてもらおうと小坂先生のところへ行き、副編集長に言われたことを伝え、最後にこうつぶやきます。
「あんなにいい絵なのに…しょうがないですよね 副編命令じゃ」と。

それに対して小坂先生が言ったセリフ。

「だったら僕は はなっから君と打ち合わせする必要なんかなかったわけだ」
「僕の意見を副編に、副編の意見を僕に伝えるだけなら、君でなくともFAXと電話で充分だ」
「編集部の方針として昔の絵の方がいいと言うなら、それでいいんだ。君自身が心から納得して、君自身の言葉でもって僕にそう言ってくれさえしたら、『副編がこう言ったから』じゃなく『私もそう思うから』と言ってくれたら、僕は君ともう一度打ち合わせして、すぐ新しい絵を考えただろう」

自分の思いや考えをもって、相手と向き合うことの大切さが描かれているように思います。

このあと、表紙の絵がどうなったのかはぜひ『ベル・エポック』で!!

編集部H

つれづれ | 固定リンク | トラックバック (0)

2016.01.25

『マンガがあるじゃないか』刊行しましたお知らせ

9784309617008.jpg

『マンガがあるじゃないか――わたしをつくったこの一冊』刊行です。様々な分野で活躍する方々29人が、「いちばんオススメの一冊」を紹介します。
いろんなマンガを読みたいけれど、何を読もうかなと悩んでいる方に必読、決してハズレなしの名作・傑作ばかりです。

編集しながら、執筆者の方々の文章を読んでから読んだことのなかったマンガを書店で買い求めて、ものすごく感動した作品もあり、若いうちに読んでおけばよかったなと思う作品もたくさんありました。
これからマンガをたくさん読もうという人も、いろいろ読んだけどあらためてまた何か探そうという人も、ぜひ手にとっていただきたい一冊です。

なお、本書収録の執筆者と、紹介しているマンガ作品名はコチラです。


木皿泉――『白エリと青エリ』(関根美有)
光浦靖子――『エースをねらえ!』(山本鈴美香)
ヤマザキマリ――『河童の三平』(水木しげる)
坂東巳之助――『HUNTER×HUNTER』(冨樫義博)
みなもと太郎――『007』シリーズ(さいとうたかを/イアン・フレミング)
吉川浩満――『ダンドリくん』(泉昌之)
荻原規子――『動物のお医者さん』(佐々木倫子)
辛酸なめ子――『埼玉県のひみつ』(学研まんが)
オカリナ(おかずクラブ)――『赤ちゃんと僕』(羅川真里茂)
中野京子――『火の鳥4 鳳凰編』(手塚治虫)


中条省平――『自虐の詩』(業田良家)
佐渡島庸平――『風雲児たち』(みなもと太郎)
香山リカ――『ロスト ハウス』(大島弓子)
春風亭一之輔――『アドルフに告ぐ』(手塚治虫)
サンキュータツオ――『日出処の天子』(山岸凉子)
ヨシダナギ――『ちびまる子ちゃん』(さくらももこ)
細谷佳正――『うしおととら』(藤田和日郎)
長尾謙一郎――『ギャグゲリラ』(赤塚不二夫)
佐藤克文――『釣りキチ三平』(矢口高雄)
宮田俊哉(Kis-My-Ft2)――『とらドラ!』(竹宮ゆゆこ/絶叫/ヤス)


永江朗――『寺島町奇譚』(滝田ゆう)
高野秀行――『プロゴルファー猿』(藤子不二雄A)
水島裕――『人間交差点 Human Scramble』(矢島正雄/弘兼憲史)
西智子――『三十三間堂外伝』(平田弘史)
飲茶――『グラップラー刃牙』(板垣恵介)
大橋智之――『のび太の恐竜』(藤子・F・不二雄)
奥平邦彦――『銀の匙 Silver Spoon』(荒川弘)
蒼井ブルー――『花男』松本大洋
宇野常寛――『幕張』木多康昭

いろんなマンガを読むきかっけになればと思います。

(編集T)

お知らせ | 固定リンク | トラックバック (0)

2015.11.08

UFOと宇宙つれづれ

 私は小学生の頃、UFOを見たことがあります。
 家から直線距離で800mほど離れたところには、大塚・歳勝土遺跡という遺跡がありました。ちょうど私が生まれる数年前の発掘調査で存在が明らかになり、調査が進められていた頃のことです。
 6月の雨上がりの夕方、雨戸を閉めようと自宅2階のベランダに出て、遺跡の方向を見ると、その上あたりに紫色の丸い光の固まりが4、5個、目に飛び込んできました。野球場のナイター照明のような明るさで、洗濯機のうずのように上下に揺れながら回っているように見えました。何秒ほどか記憶にないのですが、しばらく見ていても一向にそれが何だか分からず、急に怖くなって雨戸を閉めてしまいました。しかし一瞬考えて、「あれがUFOだったら絶対このまま見過ごすとエラいことになるかも!」と、恐る恐る戸を開けて見ると、何ごともなかったように紫色の光は消えていたのです。

 気のせい? 妄想? ……あれは何だったのでしょう。 "遺跡の上にはUFOが現れやすい" という噂を仕入れてからは(あくまで噂)信憑性が高い! などと思い、今の仕事に就いてから何人かの天文学の先生にこっそり聞いてみました。「子どもの頃、こんなUFOを見たことがあるのですが…」と。

 一人の先生は「それはあり得ませんね」とバッサリキッパリ。でももう一人の先生は少しマジメな面持ちでこう仰ったのです。「天文学者は夜空を見ることが仕事。何十年も星空を見上げ続けています。その月日のなかで、誰もが1度はそれが流れ星なのか、飛行機や人工衛星なのか、説明がつかないものに出会っているでしょう。もちろん、口には出さないよ。それは "未確認飛行物体(UFO)" で間違いはない。だって確認できなかったんだからね」と。仕事柄、本当なら憚られるようなことを口にして下さったことで、分からないものに向き合い続ける、科学者という職業に深い興味を抱きました。

____

 本書は、世界をリードする宇宙物理学者・佐藤勝彦先生が138億年前の宇宙の誕生から未来まで、人間がいま分かっていることの全てをやさしく紹介した1冊です。
「"宇宙の果て”には何があるんだろう?」「宇宙はいつ生まれて、いつ死ぬの?」「"宇宙” って1つじゃないの?」……考えるほどに頭がこんがらがるような、でも不思議と心はひっそり静まり返るような、宇宙についての素朴な問いの数々。学校の先生やお父さん、お母さんに聞いてもなかなか答えを貰いにくい事柄だけど、そのままにしておいたらもったいない。全部を理解するのは難しくとも、第一線の科学者・研究者の人たちが、何に夢中になっているのかに触れるだけでも、大きく世界は広がるはずです。
 まだまだ分からないことばかりだから、興味を持ったらぜひこの世界に飛び込んでみてください。 

uchuron.jpg

『14歳からの宇宙論』(佐藤勝彦 著/ 益田ミリ マンガ)

つれづれ | 固定リンク