世界の終わりに居合わせる大魔法使い ――サン・フェアリー・アン。 落ちこぼれの科学少年 ――ムギ。 二人は出会い、何かが生まれる……!

<世界の終わりの魔法使い>とは?

漫画家・西島大介が単行本の描き下ろしシリーズとして発表した、ファンタジー漫画です(通称〈せかまほ〉)。
第1部『世界の終わりの魔法使い』は、1冊読み切りの作品として刊行されましたが、次第に世界観が広がり、第2部『恋におちた悪魔』、第3部『影の子どもたち』と続篇が描かれました。
第3部でムギの物語は完結しましたが、サン・フェアリー・アンはまだまだあばれたがっているようです。事実、〈せかまほ〉特別篇『世界の終わりの魔法使い~小さな王子さま~』(講談社「モーニング・ツー」連載)でもあいかわらずの活躍を見せています。
今後も〈せかまほ〉ワールドはどんどん広がっていくかもしれません。

最新刊 !

『世界の終わりの魔法使い』

世界の終わりの魔法使い
魔法なんか信じない。
でも、君は信じる。

科学が滅んだ時代の魔法の村。なぜか魔法が使えない少年は、ひとりの不思議な少女と出会い……読めばゼッタイもらえる勇気! 〈せかまほ〉第1弾。

『世界の終わりの魔法使いⅡ 恋におちた悪魔』

世界の終わりの魔法使いⅡ 恋におちた悪魔
やっとわかった!
ぼ…僕!!
君にだけは本気ッ!

時は1000年前、人類対魔法使いの最終戦争――魔法大戦のさ中、落ちこぼれ少年と魔法使いの少女、2人の思いが歴史を変えた。第2弾、始まりの物語。

『世界の終わりの魔法使いⅢ 影の子どもたち』

世界の終わりの魔法使いⅢ 影の子どもたち
君は僕に見せてくれた。
信じられないものを……
いっぱい!

1000年ぶりに帰還したアンの故郷・惑星ノロは、魔物たちが支配する星となっていた……アンとムギの最後の冒険が始まる。3部作完結篇。

著者プロフィール

西島 大介

ニシジマ ダイスケ

1974年生まれ。漫画家。2004年、描き下ろし単行本『凹村戦争』(早川書房)でデビュー。
著書に『ディエンビエンフー』(小学館)、『土曜日の実験室―詩と批評とあと何か』(INFASパブリケーションズ)、『アトモスフィア』(早川書房)、『アトムちゃん』(角川書店)、『魔法なんて信じない。でも君は信じる。』(太田出版)等。
著者公式サイトは「島島

« ディエンビエンフー12巻4月末日発売 and more... | メイン

2016.08.04

The ART of Dine Bien Phu

さて夏です、もう8月です。今年二冊目の刊行となる画集&設定資料集『The ART of Dien Bien Phu』がグラフィック社より8月上旬刊行されます!

前のエントリーで伝えたIKKI版『ディエンビエンフー』最終刊12集。未だ継続誌も決まらないこのタイミングで画集がリリースされることはまさに「奇跡」であり、担当編集さん版元さんに感謝します。この画集をもって、何とか次につなげたいですねー。いやまじで。本と世の中からすれば「打ち切りなら同人誌でやってろよ」って話だとも思うのですが・・・でも、通った企画に罪無し! 13集以降の物語について描きまくったり、年表全部載せちゃったり、キャラクター&それに付随する設定を完全書き下ろししたり、ありがたく、やりたい放題やらせていただきました。また、ツイッターアカウント@dbp65では、週刊ペースで地下新聞「アオザイ通信PAPER」を発行しています。見つけて、全国のセブンイレブンでプリントアウトしてみてください。

グラフィック社
AMAZOM
@dbp65

8月20日(土)に横浜リブロジョイフル店さんでサイン会があります。このサイン会、特典とグッズ物販もあります。ぜひ!

LIBRO横浜ジョイフル店サイン会

翌日21日(日)にはコミティアのグラフィック社ブースにてサイン会も。こちらは別ブースでDJMRこと「DJまほうつかいレコード」も出店しています。午前中はDJMR、午後はグラフィック社ブースへぜひ。

DJまほうつかいレコード(最近レーベル始めたのです・・・詳しくは辿ってください)
コミティア117

そして、上記の本を編集しながら7月後半は静岡県長泉町クレマチスの丘に長期滞在していました。ヴァンジ彫刻庭園美術館「生きとし生けるもの」のための新作絵画の制作でした。制作は無事終わり、展覧会は11月まで長期開催中。カタログにも16ページの漫画を描き下ろしています。

ヴァンジ彫刻庭園美術館「生きとし生けるもの」

お子さま連れも楽しめるはず。滞在制作でさまざまな参加作家さんと時間を共有しましたが、どれも良い!(僕が言うのもなんですが)テーマはシリアスながら、親子連れも大歓迎な素敵な展示だと思います。この夏~秋、ぜひぜひ。

10月のクロージングイベントにも出演します。


あと、ここからが本題だ!!!!!!!
プーーーーーーーーー!!!!!!!
『世界の終わりの魔法使い』河出より刊行された全3集、電子書籍化されました。よろいしくお願いします。

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mag.kawade.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/810